メロン死亡

メロンがやられた!大損害だ!犯人はあいつだ!

ちきしょー、またやられた。

やつが来やがった。

やつが来てメロン2個とかぼちゃ3個を食って逃げやがった。

 

メロン6000個が除草剤でダメにされたことが話題ですが、うちのメロンにも大損害が!

といっても、ああまりにも損害の規模が違いますけどね。

だけど、毎年一人でまるごと食べるのを楽しみにしているので、精神的に超ブルー。

 

では、畑の様子を見てみましょう。

 

 

カボチャ・スイカ・メロン

 

在りし日のメロンたち。

右上はかぼちゃが長ちゃん。

余裕で30cmくらいになります。

この時点ではまだ小さいですが、3・4日見なかったら倍になってるくらい成長が著しい品種です。

真ん中は小玉スイカ。

左下にはメロン。

アミアミが入る高級なタイプです。

あと10日もすれば収穫かな?という状態でした。

画像には写ってないけど、メロンは2個あったんですよ。

 

それが・・・

 

メロン死亡

 

半分なぎ倒されてこのありさま。

かぼちゃやメロンを入れていた赤いネットが3つ。

やつの仕業に違いない!

 

 

かぼちゃの残骸

 

長ちゃんは完食状態で種だけが残されてます。

メロンは跡形もなかった。

きっと美味しかったに違いない!

 

 

長ちゃん

 

反対側の長ちゃんとロロンは何故か無事。

ロロンなんて低い位置にあるのにね~。

 

 

 

イノシシの糞

 

庭に回ってみると犯人の遺留品が!

こぶし大の大きさのうんこ!

見覚えあるぞ、この形。

そう、犯人はイノシシ。

 

去年もやって来てたのだけど、今年もおそらく3度やって来ています。

そして、今回が最大の被害。

他の場所でも土を掘りまくって、至る所凸凹に。

ホント勘弁してほしい。

 

うちは3方向に侵入経路があって、全部塞ぐには30mほど鉄の網を張らないといけないのだけど、趣味で作るウリ科のためだけに網を張るのもめんどくさいと思ってしてなかったんです。

だけど、流石にそろそろ設置しないと、精神衛生上もよくないので、来年の春までには設置しようかなと。

そうすれば、サツマイモも栽培できるしね。

 

 

6000個のメロンの被害についてもう一度。

これね、犯人ホント最悪。

作物って作るのにそれなりに時間がかかるんですよ。

仮に100日かかるとしましょう。

その間、少しずつ成長する姿を、一喜一憂しながら見るんです。

慣れてる作業でも毎年同じように気がかりで、感情移入さえするほど。

 

結局のところ立派に成長した暁には売ったり食べちゃったりするのですが、自分が手をかけた作物のゴールを見るのはこの上ない喜びなんですよ。

それを、その喜びを感じる前に抹殺されたら、絶望と怒りがボーダーラインを越して、魂が抜けるレベルになるはず。

犯人、極刑でいいですよ。

または、投石の刑。

投げつけるのは残されたメロン。

もちろん6000個分。

 

こういったことは各地で起きているようですね。

おそらく、成功した農家に対して嫉妬心を持った同業者の仕業でしょう。

嫉妬するくらいなら頭を下げて習えって!

そのほうが建設的でお金になるしハッピーじゃない?