江田島オリーブファクトリーでピザとオリーブオイルを食べてきたよ

行こう行こうと思って先延ばしにしていた『江田島オリーブファクトリー』に行ってきたよ。

場所は江田島市大柿町大君。

江田島市には旧町名に続く地名がいろいろあるのだけど、3年いても未だにどこがどこやらわからない(汗)

島内広すぎて、行かないところには行かないからね~。

 

江田島オリーブファクトリー

 

 

とはいえ、『江田島オリーブファクトリー』は呉方面に出るときには目の前の交差点を必ず通るので、いつも気になってはいた。

呉・倉橋方面から来る場合には、早瀬大橋を下りて2kmほど道なりに進んだ右手にある。

島内では珍しい信号機のある交差点なのですぐにわかると思うよ。

 

 

 

ランチのピッツァ(ピザ)を注文

江田島オリーブファクトリー

 

ランチ時だったしおすすめされたので、限定30セットのランチセットをオーダー。

パスタは家で週5でつくるので、ピッツァ・マルゲリータを注文。

 

 

 

江田島オリーブファクトリーのオリーブオイル

江田島オリーブファクトリー オリーブオイル

 

江田島オリーブファクトリーのオリーブオイルは『安芸の島の実』というブランドで展開されている。

『安芸の島/の実』と、変なところで切ってはいけないよ。

相撲取りになるからね。(安芸乃島ね!)

 

このオリーブオイルをピッツァにかけて食べるのが、『江田島オリーブファクトリー』特有の食べ方。

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

種類は4種類用意されていて、全てオリジナルオリーブオイルとのブレンドになっている。

ブレンド比率は?だ。

 

  • トスカーナ産とのブレンド
  • オーストラリア産とのブレンド
  • チリ産とのブレンド
  • 江田島産唐辛子(だったはず)の辛味がきいたペペロンオイル

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

オーダーしたものが来るまでは、周りを見物。

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

座席数はさほど無い。

暖かくなったらオープンテラスでもOKだと思う。

(この写真はスマホで取ったので画像が良くないよ)

 

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

そうこうしていると、まずはスープがやって来る。

カキのビシソワーズ。

もっとガッツリと出てくるのかと思ったらすごく少なかった。

味は濃厚で美味。

ちょっと塩分が強い印象だけど、少量なのでありかな。

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

マルゲリータがやってくる。

バジリコはどこに消えた?

こんなことならウチから持ってくるんだった。

この時期は路地のバジリコは枯れているので高いのかな?

ウチはバナナと一緒に室内に入れている株がなんとか生きてるよ。

 

ピッツァの径は25cmほど。

ふつうに美味。

 

4種類のオリーブオイルも試してみる。

まずはピッツァにも予めかけてあるトスカーナブレンド。

フルーティーな芳香が広がり癖のない味。

なれてない人には一番食べやすいと思うよ。

 

続いてオーストラリアブレンド。

すこしキツさがました印象。

普段使っているオリーブオイルと癖がにていて美味。

 

今度はチリ産。

これはパンチが効いてる。

エグミに近いキツさがある。

慣れてくると癖になるかもよ?

 

最後にペペロンオイル。

辛味好きにおすすめ。

個人的には結構好き。

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

アフターコーヒー。

ふつうに美味。

最近はカップの取っ手を左にしない店が多くなってるよね。

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

口に甘みが欲しくなったのでチーズケーキを追加でオーダー。

楽々園の有名店・無花果のもの。

お店で買うと210円だったはず。

コチラでは500円。

たまには小さく散財しても良いよね?

 

レモンフレーバーのオリーブオイルが添えてある。

けれど、チーズケーキ自体に酸味があるので、いまいち味がわからなかった。

ビスコッティなどで味わうほうがベターだと思うよ。

 

 

 

江田島オリーブファクトリーのちょっと残念なところ

エスプレッソがない!

先日行った島内の別のカフェにもエスプレッソがなかった。

エスプレッソがないから、当然ながらカプチーノもない。

トマトとオリーブオイルの後にはエスプレッソがいいんだけどね~。

島内で需要がないのかな?

けれど、この店には観光客が来るのだから、用意しておくのがベターだと思うな~。

 

 

コーヒーフレッシュが無機質

江田島オリーブファクトリー

 

お店をどこまで作り込むのかにもよるのだけれど、ピッツァ・マルゲリータが1300円のお店なら、コーヒーフレッシュはおしゃれなボトルに入れてほしかったな~。

 

 

ラムネの画像が粗い

江田島オリーブファクトリー

 

Webから拝借しましたという感じだったよ。

チェック厳しい?

 

 

ピッツァ、高い

これは他のお店にも言えること。

だって、お好み焼きの材料とつくる時間を考えてみてよ。

あのボリュームであの値段だよ?

日本だとチーズが高いのかね~。

 

また、『江田島オリーブファクトリー』特有の問題も。

4種のオリーブオイルが出てきてかけ放題なんだけど、あのオリーブオイルが結構高いんだよね。

さほど大きくないボトルのものが3000円する。

となると、ピッツァの料金の少からずをオリーブオイルが占めるということに。

 

初めてのときなら楽しくオリーブオイルをチョイスして食事ができる。

しかし、2度・3度通う人にとっては、『オリーブオイルいらないから800円にして』となるんじゃないかな?

つまるところオリーブオイルは油なので、摂り過ぎると胸焼けしてきたりするから。

ボク自身、次回はオリーブオイルではなく、ピッツァにふりかける唐辛子がほしい。

 

今はオープンして間もないから問題が露見していないのかも。

だけど、露見してからでは手遅れになるので、地元のリピートカスタマーのことも考えてほしいな。

 

 

 

ファクトリーの様子

江田島オリーブファクトリー

江田島オリーブファクトリー

 

おみやげコーナーの下にオリーブオイル搾油機があるよ。

ある意味、これがファクトリーの御神体。

イタリアから取り寄せたそう。

どうして一緒にエスプレッソマシーンを取り寄せなかったんだぁ~!(しつこい?)

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

江田島のお土産も売ってるよ。

この醤油は巨大ペットボトルで買ってる。

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

ブレンドオリーブオイルは250mlが税抜き2980円。

ちなみに、完全オリジナルのエクストラヴァージンオイルは100mlで税抜き5000円。

さらに、プレミアムタイプだと1万円。

生産量が増えるともっと安くなるのかな?

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

試飲コーナーもあるよ。

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

入口の看板。

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

オリーブもたくさん植えてある。

 

 

江田島オリーブファクトリー

 

内海側なのでちょっとごちゃごちゃしてるけど、潮の香りが良い感じ。

 

 

 

まとめ

江田島市外から来る方にとっては、オリーブオイルを4種類同時に試すことができるのは、とても記帳な体験となることでしょう。

同時に試さないと味の違いはわからないものだから、ぜひテイスティングしてほしいな。

そうすれば、チリ産はパンチが効いているというボクの感想の意味がわかると思う(笑)

 

今回デザートまで食べて2160円だった。

観光地の割高なレストランに比べると、貴重な体験もできるので、とてもお得だと思うよ。

 

お店に対しては、突き詰める部分をもう少し突き詰めてほしいと思う。

江田島市内の貴重なイタリアンのお店なので、繁盛してメニューも増やしていってほしいな~。

イタリアンじゃないけど、オリーブオイルの特性を活かしたアヒージョなんかもあればいいのにね。

投稿者プロフィール

saksak・
saksak・エタジマ大学学長
🍄江ニャ島市特命係長🍄

「せとうちネコネコ団」の執事として、10数匹の猫の下僕生活満喫中🐈
サイゴンやバンコクで彷徨い、オアフ島に2ヶ月滞在した後に江田島に流れ着いた漂流民🌴
ブログの収入で古民家を買って島の生活を楽しんでます🌟

Wordpressによるオリジナルブログやサイトの構築が一応できます。
360度カメラ・オールドレンズ遊びも趣味📸
バイクもたくさん持ってます🏍
平日の日中にバイクに乗っている人を見かけたら、ボクである確率が高いらしいです(島民談🤣)