2016年のビオトープ水耕栽培第1弾は桃太郎とこくうまトマト

 

今年もビオトープトマト水耕栽培の季節がやって来ました。

育苗中の苗はもう少し大きくなるまで待っておき、今回は買ってきた苗をビオトープにぽちゃんと浸けました。

ひとつは『桃太郎』で、もう一つは『こくうまトマト・レッドオーレ』です。

本当は買う必要はなかったのですが、コメリに行った時にやすかったので買ってみました。

育苗中の苗にもこの2つはなかったし。

 

ビオトープトマト水耕栽培

こちらが『桃太郎』

ほんとにポチャンと浸けてるでしょ?

この翌日、結構な雨が降って、流れに負けて水没してました(汗)

現在は支柱に結びつけてます。

 

 

ビオトープトマト水耕栽培

こちらが『こくうまトマト』

今のところ見た目は同じですね。

 

昨年はここで4000個のミニトマトを収穫できましたが、今回はどうなるかわかりません。

というのも、根はビオトープの水中内だけでなく、土にも潜っていたから。

そう、この場所での連作なのです。

 

このような条件下で連作障害が出てしまうのか、それとも何の問題もなく育っていくのか、全く見当がつきません。

こんな変な栽培方法をしている人もそういないだろうし、前例がなくて参考にする指標もありません。

そもそも、トマト栽培自体が2年目なので、経験値もないし(汗)

 

何事も無く育ってくれればいいのですけどね~。

投稿者プロフィール

saksak・
saksak・エタジマ大学学長
🍄江ニャ島市特命係長🍄

「せとうちネコネコ団」の執事として、10数匹の猫の下僕生活満喫中🐈
サイゴンやバンコクで彷徨い、オアフ島に2ヶ月滞在した後に江田島に流れ着いた漂流民🌴
ブログの収入で古民家を買って島の生活を楽しんでます🌟

Wordpressによるオリジナルブログやサイトの構築が一応できます。
360度カメラ・オールドレンズ遊びも趣味📸
バイクもたくさん持ってます🏍
平日の日中にバイクに乗っている人を見かけたら、ボクである確率が高いらしいです(島民談🤣)