第3回エタジマ大学市民講座 「朝鮮通信使が見た日本」 参加者募集中!

エタジマ大学令和元年度の第3回目の授業もまた、大柿市民センターとの共同開催として「協働」のまちづくりバージョンで行います。

そして、前回に引き続き「代打オレ」的にエタジマ大学学長自ら講師を務めることに。

準備期間が短くて「広報えたじま」に載らないため、最小遂行人員が確保できないときでも講師に迷惑がかからない状況を作って置かなければなりません。

それも「代打オレ」の一つの理由です。

11月以降は素敵な講師をお招きしていますよ!

 

朝鮮通信使が見た日本

 

今回の題材は「朝鮮通信使が見た日本」。

江田島は残念ながら寄港地ではありませんでしたが、沖美のはるか沖に航路が設定されているので、視力6.0くらいの人なら見えていたかもしれません(笑)

 

歴代の朝鮮通信使の多くは日本での滞在期間中の記録を数多く残しています。

今回はそんな朝鮮人の視点からディスカバー・ジャパン。

日本の再発見をしてみようとの試み。

「へぇ~」連発の貴重な記録が残っているので、江戸時代の日本に興味のある方はぜひご参加ください。

 

 

エタジマ大学とは

市民のためのコミュニティー・カレッジで、各種授業やイベントを月に1回程度行っています。

江田島市の地域提案型補助金を利用して活動している団体でもあります。

 

朝鮮通信使

 

 

朝鮮通信使が見た日本  詳細

講師:エタジマ大学学長 桑原健一(朝鮮王朝史研究家)

日時:10月29日(火)13:30開始

場所:大柿市民センター

受付:大柿市民センターの受付でお尋ねください。

時間:90分~120分程度を予定しています。

 

参加費:300円(江田島市の地域提案型補助金を利用しています)

※今回は趣向として手作りのお菓子を用意しています。その材料費等で有料になっています。

応募締め切り:10月28日(月)

定員:12名

 

その他:年齢制限はありません。エタジマ市民なら誰でも参加できます。

また、島外のお友達で興味のある方がいれば、ぜひお連れしてください。

途中参加及び退席もOKです。筆記用具のみご持参ください。

 

 

応募フォーム

以下の応募フォームよりご応募ください。

(Google フォームを利用しています)

 

 

 

大柿市民センターへのアクセス


大柿市民センターの電話番号:0823-57-3009

 

 

 

けっして堅苦しい授業ではありません。

楽しく気楽に会話できる場になるかと思います。

かしこまらずリラックスしてお越しください。

 

参加者の皆様、非営利・営利を問わずご自身の活動資料・配布物をご持参ください。

エタジマ大学の授業を機会に「つながりづくり」をしていきましょう!

 

投稿者プロフィール

saksak・
saksak・エタジマ大学主宰
🍄江ニャ島市特命係長🍄

「せとうちネコネコ団」の執事として、10数匹の猫の執事生活満喫中🐈
サイゴンやバンコクで彷徨い、オアフ島に2ヶ月滞在した後に江田島に流れ着いた漂流民🌴
ブログの収入で古民家を買って島の生活を楽しんでます🌟

Wordpressによるオリジナルブログやサイトの構築が一応できます。
360度カメラ・オールドレンズ遊びも趣味📸
バイクもたくさん持ってます🏍
平日の日中にバイクに乗っている人を見かけたら、ボクである確率が高いらしいです(島民談🤣)

●Google ストリートビュー認定フォトグラファー
●Google ローカルガイド・レベル8(1つの県に1・2人いるレベル)
●朝鮮王朝史研究家
0