エタジマ大学『なぜ、黒い服ばかり着るの? 色の力でステキなあなたに!』レポ

 

 

 

 

 

 

終了してからはや3週間になりそうなところですが…💦

遅ればせながら、令和2年度初のエタジマ大学のレポをお届けいたします🙇

黒い服ってどんな感じ?

まずタイトル前半の『なぜ、黒い服ばかり着るの?』のトピックですが、

今回の参加者は、意外と黒い服は多く持っていない方が目立ちました。

 

自宅のクローゼットにある服のうち、黒はどれぐらいあるか?とのアンケートでは、

12名中「8割以上が黒」という人は1名。

黒い服の割合は30~40%とか、10~20%という方が多かったです👀

 

ですが、やはり黒い服自体は便利で着やすいイメージが強いようで、

「落ち着いて見える」「無難」「合わせやすい」「痩せて見える」

など、黒い服を選ぶ動機について意見がポンポン出てきました…‼

やはり黒い服って選ばれやすいんですね。

 

講師の原川先生は、「黒い服には高級感やプロフェッショナル感を与える効果がある」

などプラス面も触れた上で、「実は黒は重たく見える色でもある。

下半身に黒い服を着ると下半身が重たく見えてしまう」

「黒は光を遮断するので、着ていると老廃物が溜まりやすくなることも」

といった側面も指摘。

先生の専門であるパーソナルカラーの世界では、人間を肌の色や眼の色などから

大きく4つのタイプに分けて考えるのですが、黒色が似合うのは

そのうちわずか1タイプのみだとか。

 

それ以外の3タイプの人の場合、黒系の服を選ぶ時には真っ黒ではなく、

紺とか黒味の強いチョコレート色とか、多少色味やトーンにバリエーションのある

カラーをチョイスした方がベターになります。

好きな色を着こなすには?

ということは、黒に限らず他の色でも各々の肌の色などに合うトーン、

もしくは垢ぬけて見えるトーンの服を選ぶことで、おしゃれをぐんと

楽しめることになるのですね💡

 

ここからは、後半テーマの『色の力で、素敵なあなたに!』なるレッスン💖

本来はパーソナルカラリストに診断していただくものなのですが、

今回の講座では各々が髪の色、瞳の色、肌の色、頬の色、指先の色を

セルフチェックしながら自己診断❗

 

  • スプリング…キュート、ポップなイメージ。春の花や新緑の色、ビタミンカラーなどが似合う
  • サマー…清楚でエレガントなイメージ。ソフトな色やパステルカラーが似合う。
  • オータム…ゴージャス、シックなイメージ。深みのある落ち着いた色が似合う
  • ウインター…シャープで都会的なイメージ。原色やモノトーンが似合う

以上の4タイプのうち、自分がどれに当てはまるか各自で診断しました。

自分のタイプが分かれば、いろいろなカラーの服を着こなしやすくなります。

黄色、ピンク、オレンジ、ブラウン、青、緑…等々、好きな色や

着てみたい色はそれぞれあるものですが、例えば

「どんな黄色が似合うか」「どんなピンク色を着ればマッチするか」

といった傾向が分かりやすくなります。

 

実際に先生からカラードレープを使ってアドバイスもいただけたりしました…😘

パーソナルカラーに触れるのが初めての方も多かった講座でしたが、

自分の好きなカラーを使っておしゃれを楽しむ機会が増える

きっかけになったのではないかと思います🤗

 

0