大柿高校BOOK(Web版) えたじま向上委員会とは?

えたじま向上委員会とは?

江田島市公募の地域活性化テーマ「大柿高校の魅力PR」に手を挙げたボランティア5名によるプロジェクトです。

大柿高校のために私たちで出来ることやチャレンジしたいことを、このメンバーでミーティングを繰り返しつつ進めていきました。

先生・生徒たちに何度も取材を敢行し、生徒たちの頑張りや自信、先生たちの努力や矜持を知ることができました。

少しでも多くの方に大柿高校の魅力を発信したい。

これこそが、取材を通して大柿高校ファンになった私たちの共通する思いです。

(任期平成30年8月~平成31年3月)

 

江田島

 

活動内容

  1. 大判による学校紹介壁新聞「大柿高校Journal」を平成30年10月から平成31年3月まで計5回発行。
  2. 島の特産チヌ(クロダイ)についての地域学授業2回と、チヌを使った「チヌフライドッグ」の試食イベントを敢行。
  3. 大柿高校PR冊子「大柿高校BOOK」の刊行。

 

 

ミーティングの様子&取材風景

えたじま向上委員会

 

大柿高校をはじめ、市内のいたるところで何度も取材やミーティングを重ねました。

また、大柿高校を取り上げた広島テレビの取材も受けました!

 

 

メンバー紹介

胡子和子

「大柿高校BOOK」プロジェクトリーダー&各種調整

⇒いろいろな人と会って話して悩んで皆で頑張った半年でした。地域の宝としていつまでも大柿高校を応援したいです!

 

桑原健一

「チヌをテーマにした地域学」プロジェクトリーダー/「大柿高校BOOK 」フォトグラフ・デザイン・総編集

⇒平成31年度は「Google認定フォトグラファー」のスキルを大柿高校の授業に活用することになりそうです。

 

皆川まなみ

「チヌ」調理教育・指導アドバイス担当

⇒委員会がこんなにも忙しいなんて!主人にも手伝ってもらい、娘にもポップを作ってもらい、家族みんなで盛り上げました!

 

湯浅伸弘

「大柿高校Journal」編集リーダー

⇒先生と生徒さんの温かい関係を垣間見ることができ、嬉しくなりました。

 

長坂知春

「大柿高校Journal」編集フィニッシュ・「大柿高校BOOK」編集

⇒大柿高校をめぐる人々・・・知るほどに熱くなりました。生徒募集ソング『隣の席をさしあげます』 も生まれました。

 

 

Special Thanks(順不同)

さとうみ科学館西原直久館長・皆川文男さん・柿高フェスタ実行委員会河賀恵子さん 樹-MIKI-さん・向井伸介さん・鹿川漁業協同組合・マルケン渡船さん・YOCCHI CAMERAさん・hatsumiさん・木村心さん・中国新聞

 

 

平成30年度 柿高応援隊プロジェクト

当プロジェクトは江田島市企画部企画振興課が担当する「平成30年度えたじま向上委員会事業補助金」を活用した事業です。(お問い合わせは企画振興課まで)

大柿高校BOOK 平成31年3月24日発行

印刷:堀栄企画 発行者:えたじま向上委員会 柿高応援隊

[無断転用・複写禁止]

投稿者プロフィール

saksak・
saksak・エタジマ大学主宰
🍄江ニャ島市特命係長🍄

「せとうちネコネコ団」の執事として、10数匹の猫の執事生活満喫中🐈
サイゴンやバンコクで彷徨い、オアフ島に2ヶ月滞在した後に江田島に流れ着いた漂流民🌴
ブログの収入で古民家を買って島の生活を楽しんでます🌟

Wordpressによるオリジナルブログやサイトの構築が一応できます。
360度カメラ・オールドレンズ遊びも趣味📸
バイクもたくさん持ってます🏍
平日の日中にバイクに乗っている人を見かけたら、ボクである確率が高いらしいです(島民談🤣)

●Google ストリートビュー認定フォトグラファー
●Google ローカルガイド・レベル8(1つの県に1・2人いるレベル)
●朝鮮王朝史研究家
0