大柿高校BOOK(Web版) 教職員特集 松岡浩樹校長先生

松岡浩樹(まつおか ひろき)校長先生

大柿高校 教職員特集

 

ポートレイト

広島市出身、五日市在住。

高校時代には自ら仲間を集めて野球部を創立、投手として活躍。

甲子園の夢があり、東京の大学を卒業後、数学教師に。

七校目の大柿高校で初の校長職にして「学校存続」の重責を担う。

座右の銘は「徳は孤ならず必ず隣あり(孔子)」

 

 

学校存続を担う校長として

平成最後の卒業式、3年生18名を送り出しました。

いろいろなことでスタートを切ってくれた学年でした。

1年生2年生もこの後を継いでいけるように、学校長として頑張ります。

新入生は久々の40人クラスになる模様で、地域から信頼される学校をつくる責任をますます感じています。

 

生徒募集への取り組み

待っていても始まらない、と自分から動いた1年でした。

特に2学期に入ってからは頻繁に中学校へ赴き、校長先生や進路の先生と面談をして、課題を抱えた子や中学校生活でのことをいったんリセットしたい子たちの受け入れもすると訴えました。

それなりの感触があり、需要があると感じました。

「学校を守る」という大きなプレッシャーがありましたが、今年の志願倍率1.04を見て、涙しました。

 

平成31年度から大柿高校は、全国募集にもチャレンジします。

安定した人数の高校になるためには、島内だけの募集ではいつか限界が来るので、全国募集という選択肢もあってよいと考えました。

 

平成30年10月には、江田島市・江田島市社会福祉協議会・広島国際大学・大柿高校の四者で「医療・福祉・介護分野における人材育成事業に関する包括連携協定」を結びました。

有意義なこの制度を活用する生徒を育てていきたいです。

 

大柿高校 教職員特集

 

 

「大柿高校魅力化コーディネーター」を配置

情報を相手にわかりやすく伝えていくのは、我々学校側の苦手な部分だと認識していたので、こちらからも市にお願いしました。

生徒募集・学校PRについて魅力化コーディネーター木村心さんの働きには大変助かっています。

 

市民の皆様へ

こんなに地域と密着した学校は初めてです。

小規模校ならではの良さを十分にPRし、大柿高校が無くなっては困るという中学生の受け皿としても、また応援してくださる地域やOBの皆様の期待にも応えたいと思います。

 

私の一番の願いは、目の前の生徒一人ひとりが自分らしく元気に過ごしてほしいということです。

大柿高校に入学される生徒には、アットホームな雰囲気で、一人ひとりときちんと向き合っていきます。

小規模校ならではの支援と経験を保証します。

 

今後は広島市や県外からの生徒達のための下宿先も必要になってきます。

島内外の生徒の受け入れへ江田島市全体のムードが高まるように、市民の皆様のご協力を宜しくお願いいたします。

 

投稿者プロフィール

saksak・
saksak・エタジマ大学主宰
🍄江ニャ島市特命係長🍄

「せとうちネコネコ団」の執事として、10数匹の猫の執事生活満喫中🐈
サイゴンやバンコクで彷徨い、オアフ島に2ヶ月滞在した後に江田島に流れ着いた漂流民🌴
ブログの収入で古民家を買って島の生活を楽しんでます🌟

Wordpressによるオリジナルブログやサイトの構築が一応できます。
360度カメラ・オールドレンズ遊びも趣味📸
バイクもたくさん持ってます🏍
平日の日中にバイクに乗っている人を見かけたら、ボクである確率が高いらしいです(島民談🤣)

●Google ストリートビュー認定フォトグラファー
●Google ローカルガイド・レベル8(1つの県に1・2人いるレベル)
●朝鮮王朝史研究家
0